新卒で入った会社を1年でやめた話




新卒で入った会社を1年でやめて転職しました。
転職を考えている人の参考になれば。

スマホの販売営業をやっていた時の話

大学を卒業して

大学を卒業して人材派遣業界の会社に入社しました。
通信業界を専門にした会社で
社員数は2300人前後でしたが
まだ12年ほどのベンチャー企業でした。

無駄にしたくない

音楽を勉強したい気持ちは山々でしたがせっかく会社に入った以上、
何も得ないまま時間を浪費することは勿体ないと思い、
接客を繰り返しては修正を続けました。

周りとの温度差

同期で入った女の子が3か月でやめ、先輩が相席居酒屋に通う隣で
意識だけ高い系の僕は、8時間ひたすら接客に狂いました。
当時のポリシーは【知人・友人には販売しない】です。
(話をすると茶化されて、誰も買いませんでした())。
10月あたりまでだったと思います。

きっかけ

そこから会社でのやる気の減少とは反対に、
いろんな事に興味を持ち始めます。
ブログを読み漁り、仮想通貨に触れ、英語の勉強も始め、、
企業にも興味が行くようになりました。
手始めに読んだのは、ソフ〇バンクの企業HPでした。

転職への急速列車

ベンチャー企業の企業情報を集めたサイトに行き着きました。

Wantedly

ウォンテッドリー
うぉんてっどりー
企業
「wantedly」の画像検索結果
ウォンテッドリー は東京都港区のIT関連企業および、同社が提供する求人情報ウェブサイト。 ウォンテッドリーは自社の事業全体を総括して「ビジネスSNS」と呼ぶ。開設当初は「ソーシャルリクルーティングサービス」とも表現された。 ウィキペディア
株価3991(TYO)2,406 +42.00 (+1.78%)
6
6 15:00 JST – 免責事項
設立2010915

ワタナベは就活をあまりしてこなかった人間だったので
このサイトはとてもおもしろかったです。
徳島県にも何かないかと思って調べると1社だけありました。
それが今の会社です。
Instagramでイイねを押す感覚で「気になる」を押したら
社長との面接になりました。

何故、今の会社に転職したのか

正直なところ、大きな理由はありません。
強いて言えば
・土日休み
・販売に飽きてきたから。
・英語をネイティブに近い環境で学べる。
・経営者に近い環境で経営について学べる。
・BtoBの営業を学べる。
でしょうか?
土日休みは大きいです。自分の生活サイクルが安定しやすくなりました
前の会社は罵詈雑言の多い会社でしたから、ストレスも少し減ったかもしれません。

周りからの声

前の上司
「ここほど楽なところはねーぞ。」
師匠
「若い奴はすぐやめる。」
先輩
「土日休み、えーやん!」

結論:気にしなくてもいい

他にも沢山お言葉をいただきましたが、
千差万別でした。
40代の方でも、ポジティブな言葉をいただいたので
結論:気にしなくてもいいと思います。
ただ必ず批判的な人、「頭おかしいんじゃないかお前」的な人も出てくるので
そこはフィルターをかけて対応すべきだと思います。
自分の人生のストレスは、自分で管理してください。

まとめ

正直なところ、3か月での転職はまだ早いです。
仕事には慣れ始めるものの、
仕事に対する自分の適性というものがまだ見定めれていないからです。
なので、転職をするなら1年
そのコミュニティで認められたいのであれば3年というのがワタナベの意見です。
もし転職を考えている方がいるのであれば、
自分のやりたいことを明確にすべきだと思います。
自分のやりたいことに対して今の環境が適するか、適さないかをまず考え
何が足りないかを明確にしましょう。
僕の場合は土日休みですかね。(笑)
一つ後悔があるのは、転職エージェントを使わなかったこと。
無料で(相談料は新しい転職先が支払うといった形のもの)相談してくれて
要望にあった転職先を考えてくれるものがあるそうです。
新卒も対応してくださるかは疑問ですが。
参考になればと思います。
それでは!


1 Comment

コメントを残す