声楽家としての名刺を作りました!

声楽家としての名刺を作りました!作ろう、作ろうと思って5か月ぐらいたっていました。。

名刺を作った理由

演奏をするにあたって自分を紹介するものがコンサートのチラシと、SNSしかないことに気づきました。

8月のジョイント企画では相方が「親がとりあえず持っていけって作ってくれた。」と話していて、隣で僕は(ゲゲー、僕はそんなの作ってないぜ。。)

11月のオペラで先輩歌手の方々が名刺を渡しているのを見て、僕は(大学を卒業して、社会人にもなって何を勉強してきたんだ。。一体、何を渡してきたんだ。。)

声楽家として当たり前かもしれないけど、僕は気づかずに演奏だけしていたのです。 このブログを見た人の何かしら参考にしていただければ幸いです。

工程

工程は大きく分けて二つあります。

1.デザイン
2.印刷

段階としては2つに分かれていて考えているよりも簡単でした。デザインはココナラというサイトを活用して、印刷はネットで何社か検討しました。

1.デザイン(ココナラを活用)

正直なところ、デザインの才能というものがないため外注先生を頼りました。

友人がいれば友人にお願いするのも一つのですが、デザイナーの友人がおらずココナラというフリーランスの方が登録しているサイトを利用しました。僕が実際にお願いしたのはticktockworksさんという方です。

ココナラともう一つ、ランサーズというサイトもあります。二つとも登録して吟味してみるの一つかと思いますが、あまりにもデザイナーさんの数が多いので一つだけ登録してみてデザイナーさんの作品を見て考えるのがおススメです。

個人的な所感としては、ランサーズは幅広い仕事の幅を持つデザイナーさんが多く、ココナラは名刺を専門に出品している(もちろんパンフレットやフライヤーのデザインもしている)方が探しやすいです。名刺のポートフォリオを見られたのはココナラでした。

『名刺』で検索しやすいのはココナラです。

依頼の方法

検索欄で『名刺』と打ち込みます。

次に、名刺デザインを商品として出品しているデザイナーさんがずらっと出てきます。

名刺に関する商品が2,211件。。途方もないです。

自分は活用しておりませんが、自分の職業にどういう情報があればいいのか相談に乗ってもらえるサービスもあります。

検索候補の欄には沢山のデザイナーさんがいます。デザインをサービスとして展開して間もない人や、長年やってきたプロフェッショナルまでおられます。

値段についてですが、内容によって検索候補の欄の金額と違う事もありますので事前に見積もり相談することをおススメします。

相談する際は事前に内容を決めておくといいと思われます。

渡邊の場合は、下記のようにしました。写真は載せるかどどうか、かなり考えましたが、渡した相手に時間がたっても名前と写真が一致しても貰えるように乗せることにしました。

・両面印刷
・カラー印刷

・職名
・名前
・名前フリガナ
・住所
・携帯電話番号
・メールアドレス
・各種SNS
・出身

・経歴

・写真

相談した結果、最終的に字数の関係から経歴は載せませんでした。SNSについてはFacebookだけQRコード化しています。

モノを売らないフリーマーケット【ココナラ】

所用日数

写真の選別など、簡単なヒアリングがあり1日ほどで仮のレイアウトをいただきました。そこから何回修正し依頼からおおよそ2日で完成しました。

後でも書きますが、確認不足で一か所、名刺の発注後に修正が発生します。

2.印刷 (名刺良品を活用)

印刷はまた別の会社のサービスを使いました。最初はラクスルさんで依頼。

名刺印刷をチェックして、通常サイズの名刺をチェック。

あとは内容にチェックを入れて、入金です。

ラクスル印刷内容

用紙サイズ:通常サイズ

色数:両面カラー 

紙の種類:上質紙 

用紙の厚さ:225kg
枚数:100枚

受付日から出荷日までの日数:7営業日

金額は送料も含めて705円でした。

ポスティング(印刷+配布)ならラクスル

家に到着してからの感動は忘れられません。思わず感嘆の声を漏らしました。嬉しくて名刺入れに何度も入れなおしたり、写真も撮りました。

ですが、よくよく見ると痛恨のミスでSNSアカウントのID名が入れ替わっていることに気づきました。。。

すぐにticktockworksさんに連絡し、「こちらのミスなので。」ということで修正いただきました。1日もかからなかったと思います。初めての名刺作成のデザイナーさんが親切な方でとても助かりました。。

名刺良品印刷内容

届いたものの内容に誤りがあったので、もう一度注文することにしました。

せっかくなのでラクスルさんで依頼した紙の種類とは別のものにしました。

用紙サイズ:通常名刺サイズ

色数:両面カラー 

紙の種類:ヴァンヌーボVG スノーホワイト

用紙の厚さ:195kg

枚数:100枚

データチェック:データエラーチェック有り 
裁ち落とし加工:両面 
角丸加工:加工なし 
ケース種類:無料ケース 

このヴァンヌーボと呼ばれる紙を試してみたかったんです(笑)。ヴァンヌーボは名刺界隈の上質紙ということなので、「価格帯の安さかつヴァンヌーボ、
価格帯の安さかつヴァンヌーボ。」といった下心出しつつ検索出した結果、名刺良品さんに辿りつきました。

発注してからの日数はそんなにかからずおおよそ3日程度。料金は送料込みで1,404円でしたが新規入会は500円分のポイントが使えるのでそのまま使い904円でした。

入稿の仕方などは割愛しますが、注意点が2つだけあります。

データ入稿の際にファイルを選択した後にアップロードを押す必要があることと、ファイルはデザイナーさんから貰ったzipファイルを使用してください。

出来栄え

出来栄えは以下の通りです。

ラクスル←・→名刺良品

理想の色合いとしては←ですが、紙の質は→。正直なところ名刺良品さんの方が質に対する値段はいいかもしれません。

ただ両方ともにじんでいるので、もう少し値段の高い印刷会社さんを利用するのも一つだと思いました。

まとめ

名刺づくりは簡単ですが、この名刺を作るのにかなり恥ずかしかったのを覚えています。「顔写真付きだし、ナルシシズム入ってるって思われたら嫌だな。」とか「まだまだ未熟者なのに一丁前に名刺作ってるって思われたくないな。」とか。

でも周りを見ていると意外にも名刺を配っている方は多かったので気兼ねする必要はないのかなと思います。

このブログがすべてではないですが、参考にしてください!

コメントを残す