人生なんて所詮80年、浮き沈みぐらいある

おはこんばんにちわ、ワタナベです。
2018年9月5日は営業の仕事をしています。
保育関係の仕事に就いていて

「保育園の運営を任せてみませんか?」

っていう営業です。

積み重ねるしかない

営業先は基本的に県外が多く、
電話してアポイントをとって訪問します。

①電話⇒②商談⇒③契約

の流れです。

毎日、鬼のように(といっても10件程度)電話しているのですが
思うように上手くいかないですね(笑)

結果には執着しないようにしていますが
それでも悔しい!
辛いなー、と言いたいところですがそういう時期かなと。

スマホを販売していた時もそんな時期はありました。
経験によるカバーの数がまだまだ足りていないのだと。
結果が出るときもあれば、うまくいかない時もある。

スマホの販売営業をやっていた時の話

できないことを一つずつ出来るようにしていって
確実に前進だけしていればそれでいいと考えます。

沈み時期であることをどう考えるか

スマホの販売時期だけではなく
学生時代もいっぱいこういう時期があったので
今はほんとに沈み時期だととらえます。

ただ「しんどいな」で終るか、この時期をどう過ごすか。
僕は圧倒的前者ですが少しくらいはもがきたいな。

今は芽が出なくても
正しい努力、正しい積み重ね
前進していくことが大事だと思います。

自分はどちらというと(わかりきっていることですが)
物事を瞬時にとらえるセンスは皆無です。

積み重ねて新しいスキルを伸ばしていくしかないです。
今までやったことがないことがすぐに結果に結びつくとは限りません。
ここまで結果がでないと笑えてきますが(笑)

浮きばかりの人生だと楽しいですが
こういった沈み時期も楽しめる人になりたいですね。

沈み時期を超えた先にあるもの

今までも沈み時期たくさんあったけど
沈み時期を超えたら忘れてました。
単純ですね。

過去に執着しないわけではなく
今、目の前のことが人生で最も大事というか。
嫌みとかではなく。

そこを引きずっていても人生は
刻一刻と80歳に向けてカウントダウンしているわけです。

自分も今の失敗、結果のでない毎日を
笑って「そんなこともあったなー」程度で考えられる日が来ることを想います。

明日もがんばるぞー。

コメントを残す