kindle本[電子書籍]と紙の本はどちらがいいのか?

おはこんばんにちわ、ワタナベです。
電子書籍で本を読むようになってけっこうよかったので
友達に勧めてみると、

まだ紙の本でいいや。

と返されることがありました。
一回、電子書籍を読んでからコメントください、と内心思っているのですが

電子書籍初心者や、これから始めてみようかなと思う方向けに
kindle本[電子書籍]と紙の本のメリットについて3つずつ言葉にしました。

紙の本のメリット

①出版社の想定した速度で読むことができる

紙の本は、読者が読みやすいように考えこまれています。
計算されて文字を打ち込まれ、ページを決められています。

ページを開いた時に目に入る言葉次第で、
間違っておかしい方向に行かないように
配置を考えこまれています。

それは、筆者の本をより集中して読んでもらうため
このことに対して電子書籍は、文字の大きさを変えたり
見開きが1ページであったりします。

このことに関してはまた後程触れます。

②自分用にインプットしやすい

紙の本は電子の書籍に比べて
加筆しやすい特徴を持ちます。

電子書籍では、インプットの方法が
長押ししてラインを引くなど
制限され、少し手間です。

このことに対し、
例えばラインを引いたり
図解してみたり
その本をそのままノートのように
することができます。

なので、同じ本でも
自分なりの解釈を書き足せるので
より自分の所有物として扱うことができます。

③飽きたら売却することができる

当たり前のことですが売却することができます
世の中の需要に対して値段は変わるので、最新の本ほど値段は高く売れます
そて電子書籍は売却することができません。

そのお金を使って
また新しい本を買うという、
いいサイクルを作ることができます。

kindle本[電子書籍]のメリット

①持ち歩きが便利

スマホがあればいつでもどこでも
本を読むことができます。
端末が複数あっても同じ本を読むことができます。

また、複数の本を持ち歩いている状態で行動ができるので
1冊に飽きても、すぐ別の本を読むことができます。

僕は、読みやすさを考えて
kindleのペーパーホワイトを使っています。
タッチの質感は本みたいなもので
日の光に反射せず、目にも優しいのでおススメです。

旅行などに持っていきやすいことが最大のメリットなのかもしれません。
ウィーン旅行の時、かなり重宝しました。
飛行機は何時間にもおよぶので
かなりの余暇時間が生まれます。

3冊も4冊も本を持ち歩いていると
荷物になるので、便利でした。

②文字の大きさを変えることができる

この点は紙の本と対比できます。
紙の本は

・見開きが2ページ
・文字の大きさが固定

されているのに対し

・見開きが1ページ
・文字の大きさを変えることができる

段落もそのまま変わらず、
文字を大きくすることができるので
文字に対する抵抗を減らすことができます。

これはkindleの特徴ですが、
自分の文字に対する抵抗を理解すれば
文字の大小をかえて
よりたくさんの本を読むことができるのではないでしょうか。

お年寄りや、小さい子どもにも
幅広く本をおススメできます。

③共有しやすい

電子のものなので、
SNSに直結しています。

例えば、
この文章、いいな。
このシーン、いいな
と、おもった時にすぐに
友達に共有することができます。

LINEでも送ることができるので
衝動で紹介できるのもいいです。

まとめ

個人的に思ったのは
一人で集中したいときは、紙の本
旅行や、アウトプットすることを考えて読むのであれば、電子書籍
といった所感です。

いずれにせよ
どちらがいい、どちらが悪いといううよりも
状況に合わせて使い分けることが一番いいです。

せっかくある技術を使わずに放置するのは
もったいないと思うので、電子書籍も活用してみて
感想を教えてください。

ぼくは機械オンチな方なので
「こんなメリットもあるじゃん。」
っていうのがあればぜひ知りたいです。

コメントを残す