目的を作ることについて

形だけ取り繕ってもあまり意味がないという内容でした。

①に行動②に目的意識

重要なのは、目的意識を持つこと。

人の行動を研究して、真似していたとしても

中身が最終的についてこなければ

あまり意味がないという話。

どうやって目的意識を持つか?

目的を理解するために人は

本を読み、他者と話をし、己の見分を広げていくわけです。が

僕は少し違うと思います。

やれ勉強だの、やれ沢山の人と話せと大人たちは吹込みますが

目的意識を持つためにもやはり行動が必要です。

パターンの数が決め手

行動することの本当の意義とは、

結果を残すことよりも経験則の幅が広くなることです。

経験した数が物事に対するアンテナの質を高め、

人の発言を理解できるようになり

自分にとってのゴールを作り出してくれます。

アウトプットは段階制

行動することは本当に大事で

アウトプットを続けなければ、何かを作り出すことはできません。

何のために見聞を広めるのか考えると効果的ですね。

本や、いろんな人と話すことも

オマケでしかありません。

自分の立ち位置を見極めるステップ

アウトプットを続けていくと、

自分がどういう立ち位置に立っているかを俯瞰できるようになります。

方向修正を行うことが大事。

方向を修正するためには最終地点となる目標を作ることが必須となることですな。

それでは!

コメントを残す