理想論者は語る

仕事がおもしろくて仕方なかったりする。
何が問題か発見して、修正して結果に繋がれば、成長した実感がありおもしろい。
では、歌がおもしろくないかと言われると、そうじゃない。
むしろ、大学を卒業した今、自分の欠点を見定める力がつき、上達のスピードが上がるのを感じる。
いいことだと思う。
大学3年生時に、声楽とバンドを両立させようとしたことを思い出す。
結局、失敗したなぁ。
歌は上手くならないし、曲も出来ない。
音楽の本質も見えてこない。
バンドマネジメントもなかなか上手くいかない。
はっきり言ってあの時はどうかしていたと思うが、あの時の経験が、今一般職につきながら音楽を続けることを手助けしていると思う。
あの頃よりはマシだよな。
仕事と、音楽、両方より良くしたい。
もうどちらがどう、とかではない。
活力のないひと時など作りたくはない。
我ながらやってることブレてるよなと思う。
もう少し器用になれたらな。
それでは!

コメントを残す