声楽家のコンデションケア

おはこんばんにちは!
声楽家のワタナベです。
今日は、『調子』について書こうと思います。

①体調的な調子

声楽家は他の楽器に比べて、100%身体が楽器という特徴があります。
喉だけではなく、脚、背中、腕も楽器の一部です。
なので、ほかの楽器に比べて
どこへでも身一つで行動できることに対し
楽器の質をお金で一息にあげることはできません。

楽器を買う代わりに

楽器の調子を整えるように
生活の質にお金をかけます。
病院や薬局によく行きます。
また、体調を整えるためには
生活習慣もより良いものにします。

例えば

早寝早起きを怠らない。
・朝・昼・晩の食事を必ずとる。
・酒、たばこを吸わない。

など。
小学校で教えられる当たり前のことですが、
けっこう大事なことです。

②精神的な調子

これは、楽器の人もあると思いますが
声楽家は特に関係してきます。
それは、音楽の流れにかかわるだけではなく
発声の質、すなわち楽器の質に作用してきます。

ネガティブアクション

恋人に振られたり、
師匠に怒られてしょぼくれたりすると、
声のコンディションは悪いです。
なので、本番の前などは
あまり大きなアクションはとらない方がいいかもしれません。

楽器の質をあげる

けれども、恋人に振られたり、
師匠に怒られたりするな、
ということではありません。
こをういった精神的な浮き沈みは
傷を負うだけのように見えるかもしれませんが、
いつか回復し強くなるんですね。
それが楽器の質をよくしていき
歌をよくしていくものになります。
やまない雨はないのです。
これは別項目ですね。

まとめ

そういう意味で
声楽家の楽器の質はお金では解決できません。
勿論かけられるのであれば、かけてあげてください。
楽器も喜びます。
けれでも、すぐに表面に現れるかはわかりません。
なので、ほかの楽器に比べて
良し悪しが分かりづらいかもしれませんね。
参考になれば幸いです。
それでは!

コメントを残す