プール三回目

最近、プールにはまっています。まだまだしんどいですがかなり良い。知ってる人誰もいないし、上級者か初心者なんて関係ない。皆、泳ぐことに必死だから誰かに見られてもいない。前に続けようと思ったボルタリングに比べ、一回当たりにかける費用も安い。無駄な筋肉もつかない。汗もかかない。呼吸のトレーニングにもなる。
 
まず誰におすすめかと言ったら、コミュ力の低い人。一人で何かをすることが好きな人。
理由は上記の通り、誰にも見られない。誰とも話さずに済む。泳ぐことが苦手ならゆっくり泳げるコースもあります。無駄な汗もかかない。ということは臭いも気にならない。
 
次に、声楽初級者。上級者はわかりません。わざわざ時間をとって身体を固定した呼吸トレーニングを行わなくてもよくなります。常に息を吐いては吸い、吐いては吸いを繰り返さなければいけないからね。加えて身体を動かしながら絶えず呼吸をしなければいけないので柔軟な筋肉がつきます。舞台の上で緊張して筋肉の動かし方を忘れる人、いませんか?
体幹を作るという意味でもおすすめ。理由は上記の柔軟な筋肉。声を出す上で横隔膜の繊細なコントロールが必要となります。普通の筋トレや運動では駄目。そう思う理由として、意識的なブレスの必要性。身体を動かすこととダブルブッキングしてしまいます。水泳ではオートマチックでブレスが繰り返されます。しかも大きく、なるべく効率的に。そこで考えることは身体の動きの効率化。なるべく大きく綺麗に伸ばさなければいけません。オペラにも生かせるね。管楽器奏者にももしかしたらオススメかもしれない。けれど、安易なことは言えないね。だって僕は管楽器奏者じゃないもの。
 
最後に金銭的余裕のない人。僕の行ってるプールは帽子貸し出し込みで800円。安すぎる。
http://wwwi.netwave.or.jp/~swim-fit/
海パンとゴーグルだけだったら、室内系の競技に比べてかなり経費浮きません?もちろん、質の良いものを選ぶとなれば別ですが。
とりあえず帽子はネットで買ったので次から700円。とにかく安い。
 
まだ三回目なので、ちゃんとは言えませんが上記が簡単な所感。
正に自分向けのスポーツだなと。
もっと経験深めてちゃんと効果ありそうであればまとめます。
四回目は泳ぎ方のコツを調べてから生かしていこうと思います。
 
それでは。
 

コメントを残す