スキルは複合物である


こんにちわ、会社員兼声楽家のワタナベカズヒサです。
この間、演奏したのでTwitterにあげてみました。

自分からの視点

・イタリア語のイントネーション、リズム感が良くなっている点が多々ある。
・a母音→i母音の響きの落ちが少ない。
・フレーズの感じている長さが増えた。

スキルの要所

自分からの視点を分析すると
・イタリア語のイントネーション、リズム感が良くなっている点が多々ある。→イタリア語
・a母音→i母音の響きの落ちが少ない。→発声
・フレーズの感じている長さが増えた。→フレージング力
という風に、分けることができます。

スキルは複合物だ

歌がうまいと言っても、いろいろなものがあります。
英語の歌がうまい、だの演歌がうまいだの。
この時点で察しのいい人ならわかると思いますが、
①語学+②歌というスキルに分かれています。
①と②だけのように思えますが、さらに細分化できます。

細分化すると

①語学
・発音
・イントネーション
・言葉のリズム
②歌
・発声
・フレージング力
・音程
・リズム

という風にわかれます。
さらに細分化することもできます。

歌だけじゃじゃなく

これはあらゆることに言えます。
例えば、営業でいったら
・話すリズム
・質問力
・声の大きさ
など。きっと他にもあります。

最後に

なので、それを自身の専門で考えると
成長を他人に評価されなくても自分で考えられるようになると思います。
仕事とかジャンルとか気にしなくなりますよ。
自分の好きなことに当てはめていってください。
それでは!

1 Comment

コメントを残す