コミュニティに属せよ

1.グループ=コミュニティ

2.コミュニティに属せよ

社会には複数の正しさがある

コミュニティの数だけやり方があり、ルールがあり、
正しさがある。
世間の流れを見て話す自分の意見は
正論かもしれないけれど
そのコミュニティからすれば
正しくないかもしれない。

納得がいかなければ早々に立ち去ればいい

認めろ、ということじゃあない。
合わないと思ったら立ち去ればいいし、
良い人たちだ、と思うのであれば
仲よくなればいい。
言いたいのは、どちらも選択肢の一つだということ。

自分にはやりたいことがある。けど仕方なく入った。

そういう人もいるんじゃあないかな?
だとすれば、自分を保った方がいい。
けれども、そのコミュニティの習慣やルールがあるのであれば、
それを大切にしなければいけない。
選んだのは自分自身だから。

私ならその場所をより良いものにできる!

流れに逆行する生き方は、僕にはもうしんどい生き方だな。
何故なら、過去にそのコミュニティを作った人たちがいて
その流れに逆らっているということを知ったから。
だけど、本当にしんどいことだから
果敢にいいものしようとする姿勢がある人を一番尊敬するかもしれない。
達成できた時、その人は偉人だろう。

3.まとめ

・住めば都だよ。
・成長したければ、環境を変えろ。
・楽しく過ごしたければ、気の合う仲間と過ごそう。
・疲れたら一人になるのも選択肢だぜ。
 
それでは!
 
 
 

コメントを残す