うたの練習で意識すること

先日の発声レッスンをまとめてみました!

基本的に発声レッスンで言われていることは、
常に一つのテーマに沿っています。

無理なく、楽に

声楽を勉強している人だけではなく
音楽関係のレッスンを受けている人は
たくさん言われているんじゃないでしょうか?

けど、難しいですよね。
僕も無意識に突っ張った声をだしてしまいます。

発声をよくする3つのポイント

  1. 声の根本は『丹田』から。
  2. 歌いながら、腕や身体を操作できるかを確かめる。
  3. 疲れたら休む。

①声の根本は『丹田』から。

歌がうまくなりたいと思って、
ネットで検索した人あるあるではないでしょうか?
お腹を意識しながら歌う
に近い感覚だと思います。

お腹っていっても
ざっくりすぎるので
よく声楽の方々は『丹田』といっています。

わたなべは、
股関節とおへその間の周辺ぐらいでとらえています。

常にこの位置から『声を操作する』感覚が必要です。

②歌いながら、腕や身体を操作できるかを確かめる。

歌を歌っていて、身体のほかの部分が動かせるか
これはとてもわかりやすい指標となります。

声に違和感がある、歌っていてしんどい
というのは力の配分がくるっていることが多いです。

目に見える部分で、改善していくために
身体が操作できるか
というのは、とても活用します。

動画をとって、どこに違和感があるかを確認する。
それだけで上達のスピードは変わりますよ。

③疲れたら休む。

疲れたらすぐに休みましょう。

喉は自分で思っているよりも
疲弊しやすい代物です。
歌うだけでなく、喋っていても疲れます。

疲れた状態で練習しても、
喉は間違った方向に向かってしまいます。
休憩はとり、なるべく100%で効率のいい練習をしましょう!

大学1年生だったわたなべに向かって書いているようなものですが、
参考になれば嬉しいです。

それでは!

コメントを残す