『Busuu(語学学習アプリ)』

Busuu(語学学習アプリ)

レアジョブで、外国語で話す練習をしつつ、
アプリでイタリア語の語彙を増やそうと思います。

Busuuって何?

busuuは言語学習のフリーミアムソーシャルネットワークである。英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、ポーランド語、トルコ語、アラビア語、日本語、中国語に対応している。 ウィキペディアより参照

語学学習

現在、二つ進行中。一つ目はBusuu。投資と考え、プレミアムコースに入りました。
もしプレミアムコースまで考えるなら、最初は無課金コースがおすすめです。何故なら、しばらくたつとディスカウントしてきます。
 
画面はこんな感じ。

A1レベル、つい先日終了しました。手頃に長い。

メリット

簡単に4つにまとめてみました。

  1. 現状の語学力が把握しやすい。
  2. ネイティブに文章・発音を訂正してもらえる。
  3. スマホで空き時間にしやすい。
  4. 複数の言語に対応している。
1.今の語学力は?

レベルは、

  • A1 ビギナーコース
  • A2 初級コース
  • B1 中級コース
  • B2 中上級コース

まで、あります。
イタリア留学に欠かせないCILS試験とは違うので、直接有効な手段ではありませんが、現状レベルの把握には有効かも。
Mcgrow-hill(マックグロー・ヒル)、語学教材を販売している会社から、語学レベルの証明書が貰えるので、曖昧なモノにはなり辛いです。
トラベルコースもあるので、旅行前にも。

2.ネイティブに添削してもらえる

ネイティブの人間(ワタナベの場合、イタリア人)から文章・発音の訂正もしてもらえます。代わりに、日本語の先生になって他の国の添削をしてあげるのです。
 

3.手軽に始められる

busuuは、スマホ向け。空き時間にちょこっと取り入れる程度で始められるので
英会話レッスンを受けるのは少ししんどい人には特におススメです。

4.勉強出来る国は12ヶ国から。

英語だけではなく複数の国の言葉が学べます。
ただ、英語ほど他の言語のサービスは発展してない様子でした。
早く日本向けサービスを修正して!

難点

少し思ったのは復習がしづらいので、定着率が少し低いように感じる。
単語リストを見直すのは、ワタナベ正直めんどくさい。
 
あと、一つの単元が長く感じる。
定着率を考慮してのことだと思うが、飽き性の僕にはそこが少しきつい。
 
最後一つ、難癖をつけるならば。『ネイティブスピーカーとの会話』と書いてあるが、実際は添削までなので気を付けて。
 
 

結論

busuuは、スマホのアプリでするのがおススメ。
新しい単語を学習できることもあるが、それよりもネイティブによる添削を活用すべき。先生に対する金額と考えれば、プレミアムコースの金額はかなり安く感じます。
あとは現状レベルを把握しやすいので、学習プランを練りやすい。
 
せっかくお金はらったので、もう少し楽しもうと思います。
 
それでは!
 
 
 
 
 
 

1 Comment

コメントを残す